ようこそゲストさん
[新規登録はこちら]
<用語解説>

位相差顕微鏡 Phase Difference Microscope

 専用の位相差コンデンサ(集光レンズ)と位相対物レンズで、試料を通った位相差にコントラストをつけて観察する顕微鏡。通常試料が透明な物体やコントラストが低いときは染色して観察する方法が取られる。位相顕微鏡は試料が生物など染色したくない試料の観察に最適である。位相差コンデンサはドーナツ状のスリットになっている。対物レンズはリング状の位相膜と減フィルタを持った位相対物レンズであり、コンデンサと対物レンズは一対で使用する。細胞、石綿、歯周病、血液などの観察に活用されている。

※ 『レンズ辞典』用語は、どなたでもご覧頂けます。
※ 『レンズ事典』用語は、弊社出版書籍『レンズ辞典&事典』をご購入された方のみの特典となります。
 ご購入者で閲覧をご希望の方は 新規登録フォームよりユーザ登録をしてください。

レンズ辞典&事典とは?

レンズ辞典・事典

Webと密接にリンクさせた新世代の辞典&事典です。初心者の方には懇切丁寧に、専門家には困った時の頼みとして役立つ、わかりやすく詳細な内容です。本の内容をすべてWebで見ることができます。Web版には多くのリンクが張ってあり、説明を読んでわからないキーワードは、他の辞典項目や事典項目へジャンプして、その中身を理解することができます。

辞典項目は約800、最低限の数式や図表を含み、簡潔にキーワードが説明されています。事典項目は約150、重要なキーワードを1〜2ページ割いて丁寧に説明しています。辞典項目はどなたでも見ることができますが、事典項目は、本を購入した方のみ見ることができます。

(株)オプトロニクス社

〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-5 SANKENビル
TEL(03)3269-3550 / FAX(03)3269-2551

※間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。