ようこそゲストさん
[新規登録はこちら]
<用語解説>

光硬化樹脂 Light Curing Resin

 を照射することでモノマの連鎖重合による分子量の増大を起こして硬化する樹脂。製版材料、フォトレジスト、塗料、インキ、電気・電子材料など、広範囲で利用されている。紫外線の照射で短時間で硬化する紫外線硬化型樹脂が代表的であり、レンズ、プリズムミラー光ファイバなどの接着に広く利用されている。一般に、硬化型樹脂にはアクリル樹脂が使用されているため、他の樹脂に比べ対侯性、耐熱性が劣っている。最近では、これらに優れる硬化型ポリイミド樹脂なども開発されている。また、波長400 nm以上ので硬化する可視光硬化型樹脂も開発されているが、紫外線に弱い材質や素材自身が紫外線を透過しないものの接着が可能、人体への影響が少ない、照明装置の調達が容易であるなどの特長がある。一方、汎用の源を使用した場合、硬化時間が長い場合がある。

※ 『レンズ辞典』用語は、どなたでもご覧頂けます。
※ 『レンズ事典』用語は、弊社出版書籍『レンズ辞典&事典』をご購入された方のみの特典となります。
 ご購入者で閲覧をご希望の方は 新規登録フォームよりユーザ登録をしてください。

レンズ辞典&事典とは?

レンズ辞典・事典

Webと密接にリンクさせた新世代の辞典&事典です。初心者の方には懇切丁寧に、専門家には困った時の頼みとして役立つ、わかりやすく詳細な内容です。本の内容をすべてWebで見ることができます。Web版には多くのリンクが張ってあり、説明を読んでわからないキーワードは、他の辞典項目や事典項目へジャンプして、その中身を理解することができます。

辞典項目は約800、最低限の数式や図表を含み、簡潔にキーワードが説明されています。事典項目は約150、重要なキーワードを1〜2ページ割いて丁寧に説明しています。辞典項目はどなたでも見ることができますが、事典項目は、本を購入した方のみ見ることができます。

(株)オプトロニクス社

〒162-0814 東京都新宿区新小川町5-5 SANKENビル
TEL(03)3269-3550 / FAX(03)3269-2551

※間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。