セミナー/用語

お問合せ
(株)オプトロニクス社

TEL(03)3269-3550
FAX(03)5229-7253

 

*間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。



 工業生産用の短パルスレーザー(ナノ秒)、超短パルスレーザー(ピコ秒、フェムト秒)を、製造ラインで、普通に見られるようになりました。従来は鋼板の切断や溶接、半導体回路の焼き付けなどの限られた用途でしたが、薄膜の除去や、数十〜十数μmサイズの微細な形状加工など、レーザー加工の適用範囲は、どんどんと拡がっています。
 パルスレーザーを製造に適用するには、「所望の時刻、所望の場所へ、所望のレーザーパルスを照射する」知識・技術を持つことが必須です。それらは、レーザー発振の原理、光吸収などの基となる光と物質との相互作用、光の反射・屈折・集光などに関する波動光学、材料の熱特性、電気光学効果・磁気光学効果・音響光学効果など光制御素子の基となる光学効果、ステージ制御・発振器制御および同期制御、…など、広範な知識・技術領域に及びます。
 (株)オプトロニクス社では、この広範な知識・技術領域をコンパクトにまとめて、レーザー微細加工に従事されている技術者の方々に向けて、毎年、技術セミナーを開いてきました。昨年までは、一日のセミナーで開催してきましたが、膨大な内容をこなすには些か無理がありました。今年は「レーザー微細加工のための基礎」と「レーザー微細加工の基本パラメータ入門」の二つのコースに分けて、技術セミナーを開催します。
   是非この機会に、皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

■ 基礎(新実用技術塾)コース

 本コースは、(株)実用技術研究室がweb上で公開している公開講座「新実用技術塾」に沿って行います。「新実用技術塾」は、当該業務に従事する方々が等しく具えておくべき基礎技術事項を、(株)実用技術研究室が継続的にweb上で解説を行っているものです。(株)実用技術研究室は、各々自習されることを想定し、集合的教育は予定せず、実用技術塾オフ会と呼ばれる個別質疑を中心とした公開勉強会を開催しています。一方で、少なからぬ方々から、「自習で進めるには内容が難しい」という声も寄せられています。このような方々の要望にお応えすべく、「新実用技術塾」をより平易に解説するセミナーを企画しました。

■ 基本パラメータ入門コース

 本コースは、基礎技術事項を既に理解されている技術者の方々を対象としています。10種類ほどの基本パラメータに関し、どのような意味を持っており、実際の加工においてどのように最適化していくかを、丁寧に解説します。
 
注)受講申込をされる場合は、プログラム内にあります「備考」をお読み下さい。

会期・会場

■ 基礎(新実用技術塾)コース
・会期:2017年10月13日(金) 10:15〜15:45(受付9:45〜)
    10:15〜11:45(昼休憩11:45〜12:45)、12:45〜15:45(途中休憩14:15〜14:30)
・会場:東京・四谷 主婦会館プラザエフ 3F 主婦連合会会議室

■ 基本パラメータ入門コース
・会期:2017年10月20日(金) 10:15〜15:45(受付9:45〜)
    10:15〜11:45(昼休憩11:45〜12:45)、12:45〜15:45(途中休憩14:15〜14:30)
・会場:東京・四谷 主婦会館プラザエフ 8F パンジー

プログラム

■ 基礎(新実用技術塾)コース
講演概要 (1) はじめに
パルスレーザー、「時間」と「距離」の目安、熱的加工とアブレーション加工、ns-加工プロセスとps-加工プロセスの比較、熱加工、熱溶融のイメージ、アブレーション、アブレーションのイメージ)
(2) レーザー加工の基礎
波長・周波数・周期・光子エネルギー、連続波・パルス波、超短パルス波、仕事・エネルギー・パワー、物質の三態、格子エネルギー、パルス幅・パルス持続時間、平均出力・尖頭出力、光 = 電磁波、直線偏光、円偏光、屈折率とは何か?、光路長、波長板、直線偏光の偏光面の回転、直線偏光→円偏光、光減衰器、ND フィルタ、スネルの法則、s偏光・p偏光、エネルギー反射率、反射率の屈折率依存、金属表面でのエネルギー反射、透明材料における反射率の入射角度依存、光を吸収する材料における反射率の入射角度依存、ガウシアンビーム、コリメーション、ポインチング・スタビリティ、収差、F-θレンズ、ディジタルガルバノスキャナ、レーザー出力のトリガー制御、レーザー出力のゲート制御、ディジタルガルバノスキャナの各種ディレイ、マークディレイ、マークディレイの影響、レーザーオンディレイ、レーザーオフディレイ、マークディレイの制約、レーザーオンディレイの最適化、レーザーオフディレイの最適化、マークディレイの最適化、ポリゴンディレイの最適化、ジャンプディレイの最適化、モードロック、光と物質の相互作用-基礎、通常の光学の範疇における光と気相材料の相互作用、……
備 考 (i) 一日のセミナーとしては、まだ分量が多めです。事前に(株)実用技術研究室のwebサイトで軽く予習されることをお勧めします。また、web上に既に資料を公開しているため、資料配布は行いません。
https://sites.google.com/site/practicaltechnologylabjpn/
(ii) 「新実用技術塾」は、(株)実用技術研究室のホームページの他、ココログ(右サイドバーにアーカイブがあります)、Facebook(写真アルバム、ノートにアーカイブがあります)、Google+(コレクション)にあります。ホームページのリンクから飛んで、使いやすいものをご利用ください。

■ 基本パラメータ入門コース
講演概要 環境整備・準備、レーザー微細加工の基本パラメータ(波長、パルス幅、繰返し周波数、パルスエネルギー、集光スポットサイズ、焦点深度、パルスフルエンス、走査線速度、Line&Space、雰囲気/ガス吹付、その他)
備 考 (i) (株)実用技術研究室がwebサイトで公開している「新実用技術塾」程度の内容を理解されている技術者の方々を想定対象としたセミナーです。次のホームページでご確認ください。
https://sites.google.com/site/practicaltechnologylabjpn/
(ii) お配りする資料は、当日使うpower point sheetの写しです。「新実用技術塾」のような解説文はありません。資料の各ページ下半分をメモ欄としますので、各自ノートをお取りください。

※上記プログラムはいずれも2017年8月9日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、予めご了承下さい。

講師

松岡 芳彦
(株)実用技術研究室 代表 博士(理学)
<講師略歴>
東京理科大学物理学科卒。博士(理学)。ユニチカ蠱羆研究所、理研フロンティア研究システム、HOYA・R&Dセンターにおいて、波長変換材料や光ファイバーデバイス等の研究・開発に従事。2001年、工業技術院から独立行政法人化された産業技術総合研究所(AIST)に入所。先進製造プロセス研究部門等において、超短パルスレーザーによる微細加工技術や、難加工材料の加工技術等の研究・開発に従事。2008年、(株)実用技術研究室を設立。レーザー微細加工技術の普及および実用展開を目指して、技術セミナーや、技術コンサルティング活動を行なっている。

受講料・申込方法 他

受講料 ■ 月刊OPTRONICS 定期購読者:\20,000(税込)
 お申込みの際に読者番号(雑誌送付の宛名ラベルに記載)をご記入下さい。
 注)団体でご購読の場合は、団体内で2名様に限ります。
■ 定期購読(1年)と一緒に申し込み:\20,000 + \11,880(税込)
 ※購読期間は2017年10月号から1年間です。
 ※購読料(\11,880)は別途請求書をお送りいたします。
 ※雑誌送付先やご希望の開始号等、ご要望がございましたら備考欄にご記入ください。
■ 一般:\25,000(税込)
■ 学生:\5,000(税込) 注)「基礎(新実用技術塾)コース」のみ募集
 ※お申込みの際にご所属の学校名、年齢をご記入下さい。先着10名様まで受け付けます。
 ※個人もしくは学校からのお支払いで、30歳未満の方が対象となります。
−−−早期割引−−−
9月20日(水)までにお申し込み
いただくと下記割引価格にて受講いただけます。
・月刊OPTRONICS 定期購読者:\20,000\17,000 (税込)
・一般:\25,000\22,000 (税込)
・学生:対象外となります。
−−−連続受講割引−−−
「基礎(新実用技術塾)コース」と「基本パラメータ入門コース」を同時にお申込みいただければ合わせてさらに \3,000 割引させていただきます。
・月刊OPTRONICS 定期購読者:\40,000\37,000 (税込)
 (早割申込みの場合、\34,000\31,000 となります。)
・一般:\50,000\47,000 (税込)
 (早割申込みの場合、\44,000\41,000 となります。)
・学生:対象外となります。
定員 ■ 基礎(新実用技術塾)コース:60名
■ 基本パラメータ入門コース:45名
(いずれも定員になり次第締切。ただし開催1週間前までに最少催行人数10名に達しない場合は開催中止にすることがあります。)
申込方法 下部にあります、お申込みフォームよりお申込み下さい。
受付が完了しましたら、受講票と請求書を郵送致します。お支払いは指定の金融機関にセミナー開催前までに受講料をお振込み下さい。
受講票は当日ご持参下さい。
キャンセル
規程
お客様のご都合による受講解約の場合、9/20(水)までは受講料の50%、9/21(木)以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
主催 月刊 OPTRONICS
共催 (株)実用技術研究室
お問合せ (株)オプトロニクス社 担当:宇津野、加納
Tel:(03)3269-3550 E-mail:seminar@optronics.co.jp

お申込みフォーム

の欄は必ずご記入下さい。
ご入力の際には、個人情報についてをご覧下さい。
申込セミナー 基礎(新実用技術塾)コース
基本パラメータ入門コース
基礎(新実用技術塾)コース/基本パラメータ入門コース
申込区分 月刊OPTRONICS 定期購読者(早割価格):\17,000(税込)
  読者No. (定期購読者の方は必須)
セミナー(早割価格)と定期購読を一緒に申し込む:\17,000+\11,880(税込)
一般(早割価格):\22,000(税込)
学生:\5,000(税込) 注)「基礎(新実用技術塾)コース」のみ募集
・両コースお申込みを選択されましたので、\3,000割引きとなっております。
月刊OPTRONICS 定期購読者(早割価格):\31,000(税込)
  読者No. (定期購読者の方は必須)
セミナー(早割価格)と定期購読を一緒に申し込む:\31,000+\11,880(税込)
一般(早割価格):\41,000(税込)
個人情報入力
氏名
フリガナ(氏名)
E-mail
開催情報を主に何から知りましたか
請求書送付先
支払い 会社・学校  個人
送付先 会社・学校  自宅
会社・学校名
支払い先、送付先が会社・学校の場合、必須
フリガナ
(会社・学校名)

支払い先、送付先が会社・学校の場合、必須
所属
支払い先、送付先が会社・学校の場合、必須
役職
郵便番号
住所
TEL
FAX
備考
 
※ Cookieを使用しています。
Copyright (C) 2014 The Optronics Co., Ltd. All rights reserved.