セミナー/用語

お問合せ
(株)オプトロニクス社

TEL(03)3269-3550
FAX(03)5229-7253

 

*間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。


 フォトニクス産業の可能性と現在を客観的に認識し、今後のビジネスの方向性を戦略的に意思決定するためのセミナーです。
 フォトニクス産業は新たな応用分野の広がりを持ち、日本企業にとっても極めてポテンシャルの高い産業です。
 しかしながら、現在までこの分野の効果的なマーケティングセミナーor報告書の作成はなされておらず、弊社へもそれらへの要望は数多く寄せられております。
 この機会に世界的な視野でのフォトニクス産業の方向性と、レーザー市場の分析を具体的に解説することにより、フォトニクス産業で更なる市場開拓を目指す企業に効果的なマーケティング手法と情報を提供することを目的としております。

会期・会場

2013年6月13日(木) 9:30〜
プラザエフ(主婦会館)  〒102-0085 東京都千代田区六番町15

講師

江上 浩二 氏 オフィストリプルB 代表
1978年 東京工業大学大学院、材料科学専攻 修士卒
同年 NEC中央研究所入社、シリコン薄膜結晶の成長(ヘテロエピ、レーザアニール)、結晶性評価技術の開発、SOIデバイスの作成などに従事。3次元回路素子用SOIプロジェクトメンバー。
1985年 コーニングインターナショナルに入社。光ファイバー、海底光ケーブル、光部品・モジュールの事業開発に従事。光ファイバー標準化委員会委員(光協会)、ニューガラスフォーラム編集委員、セラミックス協会誌編集委員など。
2005年6月、オフィストリプルB(コンサルタント業)開業。大手シンクタンク、企業支援。NPO高度情報通信協議会・元会員。
2005年よりNPO光防災センシング振興協会設立・事務局員、NPO日本フォトニクス協議会設立理事、その他団体で異業種交流活動。
鷲尾 邦彦 氏 (有)パラダイムレーザーリサーチ 取締役社長
1968年 東京大学大学院、理学系研究科物理学修士課程修了。
同年 NECに入社、中央研究所勤務。LED励起固体レーザ開発、OTDR用Qスイッチ固体レーザ開発、光ファイバ非線形光学効果の研究、マスクリペア、配線修正用レーザCVD基礎技術の開発などに従事。1984年 同社光エレクトロニクス研究所光基礎研究部長、1986年 同社レーザ装置事業部開発部長。LD励起固体レーザ開発、自動車ボデーの3D切断加工、アルミ、鋼板等の重ね合わせ溶接技術の開発等を推進。同社レーザ装置事業部長代理、同社レーザ装置事業部技師長、同社FA開発本部長代理、同社制御システム事業本部主席技師長などを経て2003年8月に同社を定年退職。同年9月に有限会社パラダイムレーザーリサーチを設立、現在に至る。
レーザ加工学会理事、レーザー学会諮問員、光協会・多元技術融合光プロセス研究会幹事。SPIE等で委員活動。米・LIAフェロー。
工学博士(東北大学:1980年)。技術士(応用理学部門:1998年)

プログラム

講演1
9:30〜12:30
米国のHarnessing Light計画の概略説明とテクニカルmarketing
オフィストリプルB 江上 浩二氏
第一部では、欧米で進むフォトニクス産業をHarnessing Light計画の概要から分析し、日本の戦略的科学技術政策を参照しながら、極めて高いポテンシャル(他の産業への大きな波及貢献度)を持つフォトニクス産業を世界規模で読み解きます。
12:30〜13:30 (昼休み)
講演2
13:30〜16:30
レーザー産業の市場分析
(有)パラダイムレーザーリサーチ 鷲尾 邦彦氏
第二部では、フォトニクス産業のキーである「レーザー」の徹底的な市場分析とそこから見えてくる日本の戦略の問題点を分かりやすく解説いたします。
16:30〜17:30 質疑応答
※上記プログラムは2013年4月22日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、予めご了承下さい。

受講料・申込方法 他

受講料 \94,500 (税込)
−−−早期割引受付中−−−
 5月31日(金)までにお申し込み
いただくと下記割引価格にて受講いただけます。
通常価格:\94,500\73,500(税込)
申込方法 当ページ下部のお申込みフォームより、必要事項をご入力の上お申込み下さい。
受付が完了しましたら、受講票と請求書を郵送致します。開催前までに所定の口座に受講料をお振込み下さい。
主催 (株)オプトロニクス社
お問合せ (株)オプトロニクス社 担当:大沢
Tel:(03)3269-3550 E-mail:ohsawa@optronics.co.jp