セミナー/用語

お問合せ
(株)オプトロニクス社

TEL(03)3269-3550
FAX(03)5229-7253

 

*間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。



 月刊オプトロニクス2017年11月号特集では、テラヘルツ波の利用応用に焦点を当てました。電波と赤外線との間に位置するテラヘルツ光の利用で、特に注目されているのはセンシングと無線通信です。研究トピックではセンシングについて,電力設備の非破壊検査,半導体材料・デバイス評価,高分子材料への検査を取り上げています。
 好評をいただいたテラヘルツ波利用応用特集号ですが,2018年2月26日に本特集と連動したセミナーを開催いたします。テラヘルツ波の発生と検出の動向から,利活用が期待されているセンシング応用技術について解説します。ぜひご参加をお願い申し上げます。

会期・会場

2018年2月26日(月) 10:15〜17:00(受付9:45〜)
飯田橋レインボービル1階A会議室(東京・神楽坂)

プログラム

10:15〜11:15 テラヘルツ波利用応用への期待
理化学研究所 大谷 知行 先生
11:20〜12:20 テラヘルツ波による電力設備の非破壊検査
電力中央研究所 布施 則一 先生
12:20〜13:20 昼休み
13:20〜14:20 レーザーテラヘルツ放射顕微鏡を利用した半導体材料・デバイス評価
(株)SCREENホールディングス 中西 英俊 先生
14:25〜15:25 テラヘルツ波電力モジュール
静岡大学 蔦木 邦夫 先生
15:25〜15:35 休憩
15:35〜16:35 テラヘルツ光を用いた複屈折計測による高分子材料のひずみ検査
慶應義塾大学 渡邉 紳一 先生
16:35〜 【質疑応答・名刺交換会】
配布資料 月刊オプトロニクス2017年11月号(紙版+PDF版)+ご講演資料
※上記プログラムは2017年11月13日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、予めご了承下さい。

受講料・申込方法 他

受講料 ■月刊OPTRONICS 定期購読者:\32,000(税込)
 お申込みの際に読者番号(雑誌送付の宛名ラベルに記載)をご記入下さい。
 注)団体でご購読の場合は、団体内で2名様に限ります。
■定期購読(1年)と一緒に申し込み:\32,000 + \11,880(税込)
 ※購読期間は2017年10月号から1年間です。
 ※購読料(\11,880)は別途請求書をお送りいたします。
 ※雑誌送付先やご希望の開始号等、ご要望がございましたら備考欄にご記入ください。
■一般:\35,000(税込)
−−−早期割引−−−
2018年1月26日(金)までにお申し込み
いただくと下記割引価格にて受講いただけます。
・月刊OPTRONICS 定期購読者:\32,000\30,000 (税込)
・一般:\35,000\33,000 (税込)
定員 50名(定員になり次第締切、ただし開催1週間前までに最少催行人数10名に達しない場合は開催中止にすることがあります。)
申込方法 下部にあります、お申込みフォームよりお申込み下さい。
受付が完了しましたら、受講票と請求書を郵送致します。お支払いは指定の金融機関にセミナー開催前までに受講料をお振込み下さい。
受講票は当日ご持参下さい。
キャンセル
規程
お客様のご都合による受講解約の場合、2018年1月26日(金)までは受講料の50%、27日(土)以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
主催 月刊 OPTRONICS
お問合せ (株)オプトロニクス社 担当:三島
Tel:(03)3269-3550 E-mail:mishima@optronics.co.jp

お申込みフォーム

の欄は必ずご記入下さい。
ご入力の際には、個人情報についてをご覧下さい。
申込区分 一般(早割価格):\33,000(税込)
月刊OPTRONICS 定期購読者(早割価格):\30,000(税込)
  読者No. (定期購読者の方は必須)
セミナー(早割価格)と定期購読を一緒に申し込む:\30,000+\11,880(税込)
個人情報入力
氏名
フリガナ(氏名)
E-mail
開催情報を主に何から知りましたか
請求書送付先
支払い 会社・学校  個人
送付先 会社・学校  自宅
会社・学校名
送付先が会社・学校の場合、必須
フリガナ
(会社・学校名)

送付先が会社・学校の場合、必須
所属
送付先が会社・学校の場合、必須
役職
郵便番号
住所
TEL
FAX
備考
 
※ Cookieを使用しています。
Copyright (C) 2014 The Optronics Co., Ltd. All rights reserved.