セミナー/用語

お問合せ
(株)オプトロニクス社

TEL(03)3269-3550
FAX(03)5229-7253

 

*間違い電話が多くなっております。番号をよくご確認の上ダイヤルをお願いいたします。



 産業用レーザー・システムの市場動向に注目が集まっています。加速度的に導入が進む加工用レーザー・システムとあって、そのアプリケーションの動向にも高い関心が寄せられています。こうしたニーズにお応えし、今回半導体リソグラフィを含む光源・レーザー加工機市場に焦点を当てるセミナーを企画しました。日本と海外市場の比較、光源・システム開発動向を詳説しますので、この機会にぜひご参加下さい。

会期・会場

・会期:2019年7月26日(金) 13:15~17:30(受付 12:45~)
・会場:東京・四谷 主婦会館プラザエフ 4F シャトレ

プログラム

13:15~14:05 最近の国際会議から窺った加工用レーザー及びレーザー加工技術の研究開発動向
(有)パラダイムレーザーリサーチ
鷲尾 邦彦 氏

2018年10月から2019年6月にかけて、海外(米国・ドイツ・英国及び中国)で開催されたレーザー加工関連の主な国際会議 { ICALEO 2018 (International Congress on Applications of Lasers and Electro-Optics, October 14-18, 2018, Orlando, FL., USA), Photonics West LASE 2019, February 2-7, 2019, San Francisco, CA, USA), ILAS 2019 (Industrial Laser Application Symposium, March 20-21, Crewe, UK), UKP Workshop 2019 (Ultrafast Laser Technology, April 10-11, 2019, Aachen, Germany), WLMC 2019 (World Laser Manufacturing Conference 2019, May 8, 1091, Shenzhen, China), LiM 2019 (Lasers in Manufacturing 2019, June 24-27, Munich, Germany) } の概要、並びに加工用レーザー及びレーザー加工技術の研究開発の動向を紹介します。
14:10~15:00 マクロ(切断・溶接)~マイクロ(蒸散・表面機能化)加工用レーザー装置市場の最新動向
フォトンブレイン(信州大学 繊維学部 特任教授)
家久 信明 氏

2018年~2019年の現時点までに開催された国際工作機械見本市【International Machine Tool Show 2018@米国】、【Japan International Machine Tool Fair 2018@日本】、およびレーザー装置&レーザー加工機の国際展示会【Photonics West 2019@米国】、【Photonics China 2019@中国】および【Laser World of Photonics 2019@独国】等を主体に筆者が独自に調査して得られた最新のレーザー装置およびそれらを搭載した加工用レーザー装置の技術&商品開発動向の情報を、以下のマクロ市場とマイクロ市場に分けて整理比較し、分かり易く解説します。 また、本年2019年以降予想されるそれぞれの市場での技術および装置トレンドを解説します。
マクロ(切断・溶接)加工用レーザー装置市場 並びにマイクロ(蒸散・表面機能化)加工用レーザー装置市場
15:05~15:55 半導体産業とリソグラフィ光源市場の現状と今後
ギガフォトン(株) 代表取締役副社長 CTO /研究部長
溝口 計 氏

16:00~16:50 海外市場と比較した日本のレーザ加工市場の特徴:最新のレーザ市場会議での報告を中心として
三菱電機(株) 産業メカトロニクス事業部 FAシステム事業本部 技師長
安井 公治 氏

レーザ加工機について、日本企業は量産用途市場においてグローバルで強みを持ちますが、その実態について、学会や展示会などで語られることは少なく、従って、各種報告書での記載も少なく、結果として、大学や研究機関、企業研究部門の関係者からはあまり目がとどかない状況にあります。量産用途でのレーザ適用が進む海外の同業者からも、こうした日本の状況について、不思議であり、わかりにくいとの指摘も受けている状況です。
一方で、世界のレーザ加工機市場は年率10%で成長しており、加えて量産適用部位の拡大により、成長率が20%近くまで拡大するとも見込まれており、この成長市場を国内の産業界も取り込むことがきわめて重要なタイミングになってきていると考えます。
そこで、この講演では、6月にドイツで行われたレーザ市場会議で、冒頭に記載した日本のレーザ加工機市場の特殊事情について紹介した内容および、、それを踏まえて、成長する海外のレーザ市場関係者との協力体制の構築を提案した内容、および海外のレーザ加工機市場の動向を把握した結果などを紹介するとともに、国内レーザ関係者に対して今後進めていく、レーザ加工市場飛躍のための連携提案についても紹介させていただきます。
16:50~ 名刺交換会
※上記プログラムはいずれも2019年6月12日時点のものです。予告なく変更される場合もございますので、予めご了承下さい。

受講料・申込方法 他

受講料 ■ 一般:\37,000(税込)
■ 月刊OPTRONICS 定期購読者:\35,000(税込)
 お申込みの際に読者番号(雑誌送付の宛名ラベルに記載)をご記入下さい。
 注)団体でご購読の場合は、団体内で2名様に限ります。
■ 定期購読(1年)と一緒に申し込み:\35,000 + \11,880(税込)
 ※購読料(\11,880)は別途請求書をお送りいたします。
 ※雑誌送付先やご希望の開始号等、ご要望がございましたら備考欄にご記入ください。
■ がんばれ光技術 シニアクラブ会員:\17,000(税込)
 ※お申し込みの際に会員番号を備考欄にご記入ください。
特典 本セミナーにお申し込みいただいた皆様には,講演テキストの他に、月刊OPTRONICS 2019年1月号別刷付録『レーザー製品の手引き2019 』を進呈いたします。
申込方法 下部にあります、お申込みフォームよりお申込み下さい。
受付が完了しましたら、受講票と請求書を郵送致します。お支払いは指定の金融機関にセミナー開催前までに受講料をお振込み下さい。
受講票は当日ご持参下さい。
定員 60名
(定員になり次第締切、ただし開催1週間前までに最小催行人数10名に達しない場合は開催中止にすることがあります)
キャンセル
規程
お客様のご都合による受講解約の場合、7/17(水)以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
主催 月刊 OPTRONICS
お問合せ (株)オプトロニクス社 担当:三島
Tel:(03)3269-3550 E-mail:seminar@optronics.co.jp
PHOTONICS
光製品Navi
オプトキャリア
OPTRONICSオンライン
Copyright (C) 2019 The Optronics Co., Ltd. All rights reserved.