開催趣旨

レーザーは利用される場面が非常に多岐に渡っているにも拘わらず、各種レーザーに関する情報をまとめて入手する機会が少ないため、弊社では毎年関東地区で開催している「OPIE」(4月、パシフィコ横浜)、「光とレーザーの科学技術展」(11月、科学技術館)に加え、2019年7月より大阪において技術展示会「光・レーザー関西」「光・画像計測フェア」を開始いたしました。

大阪・関西万博を2025年に控える関西・西日本地区においては科学技術に対する関心が高まっており、特に万博で本格導入されるVR・AR技術やロボット技術のキーとなる光とレーザー製品には注目が集まっています。また関西開催に対する期待と注目が高まっており、本イベントに対する地元の関連産業界、大学研究機関、官公庁、学会・団体・協会の協力支援体制も確立しつつあります。

このような状況を鑑み、オプトロニクス社では2020年以降も毎年光とレーザーに関する展示会を毎年関西地区においても開催していくことにいたしました。加えて2019年同様、「センサソリューション&技術展」「先端センサ・シンポジウム」が同時開催されますので、それらとのシナジー効果も大いに期待されています。

つきましてはこの機会に貴社の優秀な光・レーザー、画像計測関連機器のご出展をいただき、関西ならびに西日本方面のユーザーに対して効果的な販促活動をしていただきますよう、謹んでご案内申し上げます。