天田財団 レーザプロセッシング助成研究成果発表会

2021年06月30日(水) 13:00-16:00 -E26
【AMD-1 コース】 天田財団 第4回レーザプロセッシング助成研究成果発表会 

主催:公益財団法人 天田財団


公益財団法人天田財団は1987年に創立、 金属等の塑性加工分野及びレーザプロセッシング
分野の研究開発と国際交流促進に助成、 累計助成総額32億762万円、 累計助成件数は
1,919件となりました。
その助成研究成果の普及啓発事業として、 第4回の天田財団 レーザプロセッシング助成研究
成果発表会を開催致します。


セミナー申込ページ(外部ページ)


●テーマ:『 レーザの開発と加工への応用展開』
●主催:公益財団法人 天田財団

●日時:2021年6月30日(水)13:00~15:30

●発表:ハイブリッド開催<会場+オンライン>
●聴講:無料
●参加方法:現地会場かオンラインをお選びください。


◇現地会場:パシフィコ横浜 OPIE’21展示会場内 特設会場1
 《会場にお越しの方には、資料とノベルティをご用意しています》
 ※入場には別途「OPIE来場事前登録」が必要です。
 ※現地会場を選択した場合もZoomの招待メールが届きます。
  当日のご都合に合わせてオンラインでの参加も可能です。
 ※当日、3密回避のため入場者数を制限させていただくことがあります。
  予めご了解願います。

◇オンライン:Zoomによる視聴
 ※お申し込み後にZoomの招待メールが届きます。
 ※お申し込み後に、オンライン参加から会場参加に変更されたい場合は、
  (株)オプトロニクス社まで、ご連絡ください。

■発表会
1)主催者挨拶
  天田財団 理事長 末岡 愼弘

2)来賓祝辞
  梶原  将 氏
  文部科学省 大臣官房審議官(科学技術・学術政策局担当)

3)基調講演
 「レーザの開発と加工への応用展開」
  平等 拓範 氏
  理化学研究所 放射光科学研究センター グループディレクター(弊財団 役員)

4)助成研究成果発表会

 1.高強度短パルスX線を用いたレーザーピーニングのその場観測法と動的粒径制御法の開発
  一柳 光平 氏 高エネルギー加速器研究機構 研究員 <講演者:リモート講演>

 2.サイクルパルスレーザー励起表面プラズモンポラリトンを利用したナノ加工
  宮地 悟代 氏 東京農工大学 大学院工学研究院 准教授 <講演者:リモート講演>

 3.複素変調透過板(ビルトインレンズマスク)による三次元ビーム加工
  平井 義彦 氏 大阪府立大学 工学域・大学院 教授 <講演者:リモート講演>

●後援:
一般社団法人 レーザー学会
一般社団法人 レーザ加工学会


「第4回レーザプロセッシング助成研究成果発表会:天田財団」
 会場での聴講、オンライン視聴 Zoomセミナー運営に関する
 お問い合わせは・・・

(株)オプトロニクス社 林
 TEL03-3269-3550  seminar@optronics.co.jp

セミナー一覧/申込みページへ

元のページに戻り選択を続ける
お申込み受付は終了いたしました。

お支払方法
●クレジットカード(領収書発行)
●銀行振込
※早割支払期日:7/2(金)

セミナー申込手順


※有料セミナー キャンセル規程:
お客様のご都合による受講解約の場合、5/31までは受講料の50%、6/1以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
但し、申込者が既定の人数に達しない場合、中止とすることがあります。その場合には、申し受けた受講料は返金致します。

※学生料金:
個人もしくは学校からのお支払いで、30歳未満の方が対象となります。

※月刊OPTRONICS定期購読者割引:
月刊OPTRONICS定期購読につきましては【こちら】をご確認ください。
購読者割引は読者番号(送本時の宛名ラベルに記載)とお申込み者のお名前が一致している方が対象となります。

受講申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。申し込み後、受講者のご都合で欠席となる場合でも受講料は申し受けます。テキスト(pdf)は事前に参加者全員にメールにてお送りいたします。
なんらかの不可抗力により該当セミナー、及び付帯するイベントの開催が不可能となった場合、主催者は受講のキャンセルの受け付け致しません。また、受講料の返金を含む、これにともなった損害の補填・補償は行いません。

【不可抗力】台風、洪水、地震を含む天災、あるいはそれらを原因とする様々な事態、疾病や伝染病の蔓延、労働争議、主催者の合理的なコントロールを超えた会場設備の使用制限や講師の欠席等を含むもの


[ 特定商取引法に基づく表記 ]