テューリンゲン州とベルリンによるワークショップ

2024年04月25日(木) 14:30-17:00 2FコンコースE25
【TG-1 フォトニクスとセンシングの最先端を走るテューリンゲン州とベルリン。より深い日独パートナーシップへ

Photonics and Sensing Innovation from Thuringia and Berlin.
Opportunities for Cooperation.


●主催 <Organizers>
 ・テューリンゲン州経済科学デジタル社会省
  <Ministry for Economic Affairs, Science and Digital Society Thuringia, State Development Corporation of Thuringia>
 ・ベルリンパートナー <Berlin Partner for Business and Technology>

●後援 <Supported by>
 ・日本貿易振興機構(JETRO)JETROJapan External Trade Organization

※日英同時通訳

司会者挨拶 < Welcome by Moderator >

テューリンゲン州経済開発公社 日本事務所代表 Pascal Gudorf 氏
Pascal Gudorf, Representative, State Development Corporation of Thuringia (LEG)

来賓挨拶 <Greetings>

テューリンゲン州 経済科学デジタル社会大臣 Wolfgang Tiefensee 氏
Wolfgang Tiefensee, Thuringia’s Minister for Economic Affairs, Science and Digital Society

日本における光工学の現状と展望
<Current Status and Prospects of Optical Engineering in Japan>

日本光学会 会長
静岡大学 理事・副学長(研究・社会産学連携・情報担当)
川田 善正 氏

●基調講演1:テューリンゲン州と日本:光学、フォトニクス、エレクトロニクスにおけるイノベーションのためのパートナーシップ
<Keynote 1: Thuringia and Japan: Partnering for Innovation in Optics, Photonics and Electronics>

オプトネット光工学協会 Ms. Anke Siegmeier
Ms. Anke Siegmeier, Managing Director, OptoNet e.V.

●基調講演2:ベルリン・ブランデンブルグにおけるフォトニックス
<Keynote 2: Photonics in Berlin Brandenburg>

ベルリン・ブランデンブルク州光学・フォトニクスクラスター 代表取締役 Prof. Dr. rer. nat. Martin Schell
Prof. Dr. rer. nat. Martin Schell, Spokesperson of the Berlin Brandenburg Optics and Photonics Cluster

●基調講演3:モビリティ業界における量子イノベーション
<Keynote 3: Quantum Innovation in the Mobility Industry>

(株)デンソー AI研究部 最適化ソリューション研究室 室長 入江 広隆 氏
Hirotaka Irie, DENSO CORPORATION, Ph.D., General Manager, AI R&I Div.Optimization Solution R&I Dept.


Q&A


Coffee Break


フォトニクス、センシング及び量子工学に関するピッチ
<Pitches on Photonics, Sensing and Quantum Optics>

●Fraunhofer Heinrich-Hertz-Institut
 フォトニクスの通信、センシング及び量子工学への応用
 <Photonics for Communication, Sensing, and Quantum Technologies>
 Dr. Dominic Schulz, Head of Strategy Photonics

●ADL Optica
 マルチフォーカスとレーザービーム整形光学
 <Multi-focus and Laser Beam Shaping Optics>
 Dr. Alexander Laskin, CEO

●Asphericon
 レーザー技術の民主化:無限大の可能性
 <Democratization of Laser Technology: A Journey of Unlimited Opportunities>
 Sebastian Henkel, Head of Global Sales & Procurement

●FBGS Technologies GmbH
 インフィニティ・スキャン:無限のモニタリングへの応用
 <Infinity Scan – Endless Monitoring Possibilities>
 Daniel Matz, Sales Manager EMEA

●東海光学株式会社<Tokai Optical>
 光学薄膜コーティング技術の産業・学術分野への展開
 <Optical Thin-film Coating Technology for Industry and Academia>
 光機能事業部 技術部 杉浦 宗男 氏 <Muneo Sugiura, Ph.D., Optical Products Division>

●フラウン ホーファー IOF 応用光学・精密工学研究所
 <Fraunhofer Institute for Applied Optics and Precision Engineering IOF>
 量子技術を可能にする最新フォトニクス
 <Photonics - Enabler for Quantum Technologies>
 Dr. rer. nat. Ramona Eberhardt, Senior Director / Deputy Director, 
 Head of Department Emerging Technologies

●Micro-Hybrid Electronic GmbH
 NDIR方式ガスセンシングとリモート温度測定用赤外線コンポーネンツ
 <Infrared components for NDIR gas sensing & remote temperature measurement>
 Heiko Richter, Senior Key Account Manager, Micro-Hybrid Electronic GmbH

●VPIphotonics
 エンジニアリングと研究向けのフォトニクス・シュミレーションソフトウェア
 <Photonic Simulation Software for Engineering and Research>
 Dr. André Richter, CEO

Q&A


閉会挨拶<Closing by Moderator>


レセプション・パーティー<Networking Dinner>

会場:リストランテ アッティモ(パシフィコ横浜展示ホール2階)
挨拶:
  テューリンゲン州 経済科学デジタル社会大臣 Wolfgang Tiefensee
  フラウンホーファーHHI通信技術研究所所長 Martin Schell
  ジェトロ横浜 事務所長 内尾 雄介 氏

・April 25, 2024, 18:00 (Doors open 17:15)
・Greetings by Minister Tiefensee and Prof. Schell, Fraunhofer-HHI
・Greeting by Yusuke Uchio, Chief Director, JETRO Yokohama

※レセプションパーティーへ参加をご希望の方は別途下記ボタンよりお申込みください。

レセプション・パーティー申込(日本語ページ)

Reception Party Registration (English Page)
★セミナーへの参加は右下の「参加申込」ボタンよりお申し込みください

併催イベント一覧へ

元のページに戻り選択を続ける
選択済セッション

申し込み手続きへ

お支払方法
●クレジットカード(領収書発行)

※クレジットカード決済後、件名「【ZEUS】決済完了メール(自動送信)」が届いた時点でお申し込み受付完了となります。

セミナー申込手順


※有料セミナー キャンセル規程:
お客様のご都合による受講解約の場合、3/27までは受講料の50%、3/28以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
但し、申込者が既定の人数に達しない場合、中止とすることがあります。その場合には、申し受けた受講料は返金致します。

※学生料金:
個人もしくは学校からのお支払いで、30歳未満の方が対象となります。

※月刊OPTRONICS定期購読者割引:
月刊OPTRONICS定期購読につきましては【こちら】をご確認ください。
購読者割引は読者番号(送本時の宛名ラベルに記載)とお申込み者のお名前が一致している方が対象となります。

受講申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。申し込み後、受講者のご都合で欠席となる場合でも受講料は申し受けます。テキスト(pdf)は事前に参加者全員にメールにてお送りいたします。
なんらかの不可抗力により該当セミナー、及び付帯するイベントの開催が不可能となった場合、主催者は受講のキャンセルの受け付け致しません。また、受講料の返金を含む、これにともなった損害の補填・補償は行いません。

【不可抗力】台風、洪水、地震を含む天災、あるいはそれらを原因とする様々な事態、疾病や伝染病の蔓延、労働争議、主催者の合理的なコントロールを超えた会場設備の使用制限や講師の欠席等を含むもの


[ 特定商取引法に基づく表記 ]



Prof. Yoshimasa Kawata, President of the Optical Society of Japan, Shizuoka University