併設セミナー/併催イベント

下記のご希望コースの【選択する】ボタンを押し、右もしくはページ最下部の【申し込み手続きへ】ボタンを押してください。
選択を解除する場合は「選択済み」を押すと解除されます。※同じ時間のコースを重複して選択することはできません。
講義テキストPDFのダウンロードURLは【4月19日(金)】までにメールにて送付いたしますので、ご確認ください。
  なお会場での紙テキストの配布は行いません。
※プログラム、講演者は一部変更になる可能性がございます。
★コース名をクリックすると講演概要をご覧いただけます。

424(水)
午前
  • 無料
    10:30~11:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-1

    CO2レーザーベース・ガラスファイバ加工の最新アプリケーション

    • Emerging applications for CO2 laser based optical fiber glass processing
    選択する
  • 無料
    11:30~12:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-2
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-1

    レーザーの基礎

    • レーザーの基礎
    • ファイバーレーザー事はじめ
    • 高出力ファイバーレーザーの基礎と最新動向
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-1

    光学超入門

    • レンズ入門 ~数式を多用しない光学入門~
    • 光学機器入門
    選択する
  • 無料
    10:30~16:10アネックスホール F203
    高性能・高機能化が進むイメージセンサと広がる応用 HS-1

    高性能・高機能化が進むイメージセンサと広がる応用 -波長・ノイズ・距離・時間・セキュリティ-

    • セキュリティ機能をもつCMOSイメージセンサ
    • テラヘルツ光並びに遠赤外線のセンシングに向けたセンサ構成
    • イベントカメラの技術、現状、ビジネス展開
    • Global Shutter Image Sensors Technology and Applications
    • SPAD image sensors by Pi Imaging Technology
    • 屋外長距離高解像度LiDARのためのハイブリット型TOFイメージセンサの開発と展望
    選択する
  • 有料
    10:00~12:55アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-1

    赤外線技術の基礎

    • 赤外線の基礎
    • 中赤外コヒーレント光源の最前線
    • 赤外線イメージング技術の動向
    選択する
  • 有料
    9:30~12:15アネックスホール F206
    自動車に応用される光センサ・光技術 CA-1

    自動車に応用される光センサ・光技術

    • 自動運転システムADAS向け赤外線センサー
    • 自動運転の眼「LiDAR」の課題と将来展望
    • ダイヤモンド量子センサによる電気自動車用高精度電流測定
    選択する
午後
  • 無料
    12:30~14:152FコンコースE26
    パワーレーザーDXプラットフォーム PD-1

    パワーレーザーDXプラットフォームシンポジウム『多様な利用者によるパワーレーザー施設の利活用に向けて』

    • 大阪大学レーザー科学研究所におけるパワーレーザー設備利活用への取り組み
    • 量研におけるPW級パワーレーザーの遠隔化・自動化に基づいたDXへの取り組み
    • X線自由電子レーザーとハイパワーレーザーを同時に利用できる極限環境実験基盤
    • TACMIレーザー加工プラットフォームにおけるDX化の取組
    • 京大化研10TW高強度レーザー施設の紹介
    • パワーレーザー実験のワンストップサービス提供を目指した研究データベース開発
    選択する
  • 無料
    14:30~15:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-5

    カメラレンズの環境変化解析とアサーマル最適化

    • 光学設計ソフトウェアCODE Vの最新活用方法のご紹介
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-2

    レーザー取扱いの基礎

    • レーザー安全の基本
    • レーザービームの基礎と評価
    • 光学素子の選び方と取り扱い
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-2

    光学評価入門

    • 収差入門 ~収差の基本、収差図の見方を中心として~
    • 光学系性能評価入門 ~MTF、分解能、波面収差~
    選択する
  • 有料
    13:40~16:45アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-2

    紫外線の基礎と応用

    • 皮膚疾患に対する紫外線療法の基礎とUV-LEDの医療への応用
    • 紫外線光源と応用の最前線
    • 生体無害ウイルス不活化220-230nmLEDの開発
    選択する
  • 無料
    13:00~19:00アネックスホール F205
    天田財団 レーザプロセッシング助成研究成果発表会 AMD-1

    第7回 天田財団 レーザプロセッシング助成研究成果発表会 ーレーザプロセッシングの医療・バイオ分野への応用ー

    • 主催者挨拶
    • レーザプロセッシングの医療・バイオ分野への応用 ~ 自然科学の1丁目1番地が人々の暮らしに安心を ~
    • 過飽和液中レーザー照射によるリン酸カルシウム成膜技術と歯面改質応用
    • 極短パルスレーザを用いた天然歯とジルコニアの高精度歯科プロセス
    • 医学医療分野への応用を目指した細胞・生体材料のフェムト秒レーザプロセシング
    • 炭酸ガスレーザーによる医療用材料表面への機能性アパタイトの溶着加工
    • 積層造形によるチタン合金の開発と生体インプラントへの応用
    • レーザによる医療機器製造のご紹介
    • 総評
    • 交流会
    コースタイトルから詳細をご覧ください
  • 無料
    13:00~16:50アネックスホール F206
    光通信技術セミナー FGC-1

    商用化が見えてきた光空間多重通信技術 - 現状と将来

    • 開会の挨拶
    • マルチコアファイバーを用いる光海底ケーブルの研究開発と商用化
    • 極低損失マルチコア光ファイバの研究開発と商用化
    • マルチコア光ファイバの標準化展望
    • 標準外径マルチコアファイバを用いた光伝送技術の現状と将来展望
    • SDMネットワーク技術の現状と将来展望
    • マルチコア光ファイバ増幅器の最新動向と今後の展望
    選択する
425(木)
午前
  • 無料
    10:30~11:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-7

    新しいメタレンズ、メタサーフェス解析ソフトウェアと設計事例の紹介

    • 簡易に使えるメタレンズ・メタサーフェス解析ソフトウェアPlanOpSimの特長と解析事例
    選択する
  • 無料
    11:30~12:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-8
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-3

    新時代のレーザー加工

    • 高出力加工用レーザーと自動車応用 ~カーボンニュートラルへの対応
    • 短パルスレーザー加工の基礎(ナノ秒からフェムト秒まで)
    • 高出力青色レーザーと青色/IRハイブリットレーザー加工への応用
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-3

    分かり易いDOE(回折光学素子)の基礎と応用

    • DOE(Diffractive Optical Element; 回折光学素子)入門
    • DOEを応用した各種光学系
    選択する
  • 無料
    9:30~12:25アネックスホール F203
    宇宙・天文光学 特別技術セミナー SA-1

    JAXAの研究者が語る宇宙コース

    • 熱赤外線地球観測の技術開発 ~より効率的な地表面温度分布観測を目指して~
    • 木星氷衛星探査機(JUICE)搭載ガニメデレーザ高度計(GALA)で測る氷衛星の表面と地下の海
    • 観測を始めたX線分光撮像衛星XRISM
    選択する
  • 有料
    10:00~12:55アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-3

    赤外線の光学系の基礎

    • メタマテリアルと赤外線センシング技術
    • 赤外透過材料 -焼結法による赤外透過多結晶セラミックスの創製 -
    • 赤外レンズ - 設計と活用
    選択する
  • 有料
    10:00~16:00アネックスホール F205
    光産業技術振興協会 光技術動向・光産業動向セミナー OIT-1

    光技術動向セミナー

    • 主催者挨拶
    • 光通信ネットワークの最新動向
    • 光材料・デバイスの最新動向
    • 【特別講演】補償光学技術の最新動向と応用展開
    • 情報処理フォトニクスの最新動向
    • 太陽光発電の最新動向
    • 光加工・計測応用の最新動向
    • 光ユーザインタフェース・IoTの最新動向
    コースタイトルから詳細をご覧ください
午後
  • 無料
    14:30~17:002FコンコースE25
    テューリンゲン州とベルリンによるワークショップ TG-1

    フォトニクスとセンシングの最先端を走るテューリンゲン州とベルリン。より深い日独パートナーシップへ

    • 司会者挨拶 < Welcome by Moderator >
    • 来賓挨拶 <Greetings>
    • 日本における光工学の現状と展望
      <Current Status and Prospects of Optical Engineering in Japan>
    • ●基調講演1:テューリンゲン州と日本:光学、フォトニクス、エレクトロニクスにおけるイノベーションのためのパートナーシップ
      <Keynote 1: Thuringia and Japan: Partnering for Innovation in Optics, Photonics and Electronics>
    • ●基調講演2:ベルリン・ブランデンブルグにおけるフォトニックス
      <Keynote 2: Photonics in Berlin Brandenburg>
    • ●基調講演3:モビリティ業界における量子イノベーション
      <Keynote 3: Quantum Innovation in the Mobility Industry>
    • Q&A
    • Coffee Break
    • フォトニクス、センシング及び量子工学に関するピッチ
      <Pitches on Photonics, Sensing and Quantum Optics>
    • Q&A
    • 閉会挨拶<Closing by Moderator>
    • レセプション・パーティー<Networking Dinner>
    選択する
  • 無料
    12:30~13:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-9
    選択する
  • 無料
    13:30~14:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-10

    複雑な光学面/光学系の品質評価のための高品位干渉計

    • High Performance Interferometers for qualifying complex optical components and optical systems
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-4

    半導体レーザーとその応用

    • 面発光レーザフォトニクスの進展 ―高速光インターコネクト、3Dセンシングへー
    • ウェーハレベルLD励起固体面発光レーザー
    • 赤色/緑色/青色半導体レーザーとその応用
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-4

    活躍の場を広げる微小光学素子

    • 微小光学素子(マイクロレンズ)の作製と応用
    • 誘電体メタサーフェス・メタレンズの設計・製造の基礎
    選択する
  • 有料
    13:40~16:35アネックスホール F203
    センサ&イメージング応用技術セミナー SI-1

    産業用カメラの最新動向 -TOF・車載・物体認識AI‐

    • 3D TOFカメラの基礎 ~距離計測原理と競合技術との比較、評価手法と応用など
    • 車載イメージセンサの技術動向
    • 画像認識AIの基礎と活用事例
    選択する
  • 有料
    13:40~16:35アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-4

    紫外線の半導体製造技術

    • EUV光源開発の最新動向
    • EUVからBeyond EUV
    • フォトマスク検査機へのEUV光源適用技術
    選択する
  • 無料
    13:00~16:00アネックスホール F206
    集積コムによる通信コンソーシアム講演会 CBS-1

    第三世代光コム「マイクロ光コム」が切り拓く次世代光技術

    • マイクロ光コムへの期待
    • マイクロ光コムの技術ロードマップ
    • 低位相雑音なミリ波・テラヘルツ波発生におけるマイクロ光コムの活用
    • マイクロ光コムを使ったLiDAR
    • 光技術がもたらすテラヘルツ通信技術の進化
    • 集積コムによる通信コンソーシアム (Com^2) の紹介
    選択する
426(金)
午前
  • 無料
    10:30~11:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-13
    選択する
  • 無料
    11:30~12:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-14

    光学CAEツール/測定器によるカメラシステムの光学設計

    • 複数の光学CAEツール/測定器を連携して設計を効率化!
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-5

    中赤外・テラヘルツ波とその応用

    • テラヘルツ量子カスケードレーザーの最近の進展と応用への期待
    • 面発光型量子カスケードレーザーとその応用
    • 中赤外・量子カスケードレーザーとその応用
    選択する
  • 有料
    9:30~12:25アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-5

    照明光学系の基礎と応用

    • 照明で使う単位と実際の製品設計
    • LED照明の多彩な応用
    • LED照明光学系の光学設計
    選択する
  • 無料
    9:30~12:25アネックスホール F203
    宇宙・天文光学 特別技術セミナー SA-2

    国立天文台を活用する研究者が語る天文コース

    • マルチメッセンジャー天文学
    • 木曽トモエゴゼンが切り拓くタイムドメイン天文学
    • Thirty Meter Telescope計画と天文学を支える技術の紹介
    選択する
  • 有料
    10:00~12:55アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-5

    赤外線のアプリケーション

    • 防衛分野における赤外線技術
    • 中赤外光を用いたヘルスケアモニタリング
    • 自動車における赤外センサ
    選択する
  • 有料
    9:30~16:10アネックスホール F205
    光産業技術振興協会 光技術動向・光産業動向セミナー OIT-2

    光産業動向セミナー

    • 主催者挨拶
    • 光産業全体の最新動向
    • 入出力分野の最新動向
    • 太陽光発電分野の最新動向
    • 情報記録分野の最新動向
    • 【特別講演】電子デバイス産業の未来計画を追う!
    • センシング・計測分野の最新動向
    • ディスプレイ・固体照明分野の最新動向
    • 情報通信分野の最新動向
    • レーザ・光加工分野の最新動向
    コースタイトルから詳細をご覧ください
  • 無料
    10:30~12:30パシフィコ横浜 ハーバーラウンジB
    JPC光無線分科会 VL-1

    2024年度 光無線分科会 第1回講演会

    • 開会の挨拶
    • 招待講演1「汎用カメラで挑む光無線技術」
    • 招待講演2「光カメラ通信の活用に向けた取り組み」
    • 今後の活動紹介
    • 情報・名刺交換会
    • 閉会の挨拶
    選択する
午後
  • 無料
    12:30~13:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-15
    選択する
  • 無料
    13:30~14:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-16

    メタサーフェスとレンズを組み合わせたハイブリッドな光学系の設計手法について

    • 幾何光学と電磁光学の設計解析ソフトウエアの連携法のご紹介
    選択する
  • 無料
    14:30~15:152FコンコースE26
    出展社セミナー EX-17

    フォトリソグラフィーによるラピッドプロトタイピングのご提案

    • 低予算でもここまでできる!マスクレス露光装置 ”PALET”のご紹介
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F201
    レーザー基礎&応用技術セミナー LE-6

    光・レーザーによる給電技術と社会実装への期待

    • IoT端末から移動体まで対応する光無線給電
    • 光ファイバー給電の基礎・応用と最新動向
    • トラッキング技術による光無線通信/給電の社会実装に向けた取り組み
    選択する
  • 有料
    13:10~16:05アネックスホール F202
    レンズ設計・製造の基礎セミナー LS-6

    VR/ARの光学系と事例

    • メタバース時代のVR/AR用HMDの現状と未来
    • ホログラフィー技術を用いたコンタクトレンズディスプレイ
    • レーザ網膜投影技術:医療ヘルスケアからXR応用まで
    選択する
  • 無料
    13:00~16:15アネックスホール F203
    NICT(情報通信研究機構)の研究者が語る最新研究 NIC-1

    NICT(情報通信研究機構)の研究者が語る最新研究

    • SNAP-CII: 一般商用カメラによる市民参加型大気観測
    • NICT衛星-地上間光通信用地上局テストベッドの概要
    • 補償光学系技術の衛星光通信への応用
    • 光空間通信による盗聴不可能な通信技術の実現に向けて
    選択する
  • 有料
    13:40~16:35アネックスホール F204
    光源・光学素子応用技術セミナー LO-6

    紫外線のアプリケーション

    • 半導体分野におけるUVレーザー穴あけ加工
    • 光造形技術の最新動向 ―多様な造形技術・材料開発からマルチマテリアル造形まで―
    • 有人下で使用するFar UV-Cの安全性と効果、今後の展開について
    選択する
  • 無料
    13:15~16:00アネックスホール F206
    応用物理学会フォトニクス分科会主催セミナー APP-1

    光AI・光コンピューティング

    • 挨拶
    • 物理リザバーコンピューティング:AIとセンサネットワーク社会の要諦
    • 波長・空間多重による光ニューロモルフィックコンピューティング
    • 光ニューラルネットワークの時空間ダイナミクスと空間光イジングマシン
    • 光ニューラルネットワークとそのセンシング応用
    選択する
  • 無料
    13:00~15:45展示会場内 特設会場
    TACMIコンソーシアム主催オープンセミナー TCM-1

    第7回 TACMIコンソーシアムシンポジウム ー最先端光源の開発ー

    • 開会のあいさつ
    • スペクトラ・フィジックスの微細加工用レーザー 「TimeShift テクノロジーの進化による革新的パルスレーザー」
    • 1kW超級高平均出力LD励起Yb:YAGセラミクスレーザーの開発
    • 休憩
    • アカデミアにおける科学技術研究用レーザー光源開発
    • 深紫外固体レーザーとエキシマレーザーを組合わせたハイブリッドレーザーの開発と加工事例の紹介
    • シングルサイクルレーザー増幅技術 – 次世代アト秒光科学に向けて −
    • 閉会のあいさつ
    選択する
受講料(1セッション/税込)
一般 出展社/主催・協賛団体会員 月刊オプトロニクス定期購読者/シニアクラブ会員 学生
¥18,000 ¥15,000 ¥9,000 ¥5,000
選択済セッション

申し込み手続きへ

お支払方法
●クレジットカード(領収書発行)

※クレジットカード決済後、件名「【ZEUS】決済完了メール(自動送信)」が届いた時点でお申し込み受付完了となります。

セミナー申込手順


※有料セミナー キャンセル規程:
お客様のご都合による受講解約の場合、3/27までは受講料の50%、3/28以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。
但し、申込者が既定の人数に達しない場合、中止とすることがあります。その場合には、申し受けた受講料は返金致します。

※学生料金:
個人もしくは学校からのお支払いで、30歳未満の方が対象となります。

※月刊OPTRONICS定期購読者割引:
月刊OPTRONICS定期購読につきましては【こちら】をご確認ください。
購読者割引は読者番号(送本時の宛名ラベルに記載)とお申込み者のお名前が一致している方が対象となります。

受講申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。申し込み後、受講者のご都合で欠席となる場合でも受講料は申し受けます。テキスト(pdf)は事前に参加者全員にメールにてお送りいたします。
なんらかの不可抗力により該当セミナー、及び付帯するイベントの開催が不可能となった場合、主催者は受講のキャンセルの受け付け致しません。また、受講料の返金を含む、これにともなった損害の補填・補償は行いません。

【不可抗力】台風、洪水、地震を含む天災、あるいはそれらを原因とする様々な事態、疾病や伝染病の蔓延、労働争議、主催者の合理的なコントロールを超えた会場設備の使用制限や講師の欠席等を含むもの


[ 特定商取引法に基づく表記 ]