オプティクスフェア 企画協力日本光学会

日本光学会 代表ご挨拶

会長 谷田 純 (大阪大学 大学院情報科学研究科 教授)

さらなる光科学技術分野連携への期待

 日本光学会は、1952年に応用光学懇談会として発足して以来、光学技術者と大学や研究所の光学研究者の交流、情報交換の場としての役割を果たしてきました。2014年9月に応用物理学会分科会から一般社団法人として再出発し、新たな活動を展開しています。これまでと変わらず、会誌「光学」・英文誌「Optical Review」の発行、Optics & Photonics Japan・光学シンポジウム・冬期講習会・各種セミナーの開催、光学論文賞・光学奨励賞・OPJ優秀講演賞・コニカミノルタ光みらい奨励金の表彰を行なっています。また、国際会議の主催・協賛、国内外の関連学会・諸学協会との交流、各種専門領域をカバーする14研究グループによる活動などを通して、国内外の研究者・技術者間の連携ネットワークの強化を進めております。この度、日本学術会議会議より協力学術研究団体としての指定を受け、これを契機として、学会活動のさらなる展開をめざしています。
 「光とレーザーの科学技術フェア2018」は、光学産業界と学会を結ぶ貴重な機会であるとともに、我が国における光科学技術分野の連携に重要な役割を果たすものと期待しています。オプティクスセミナーでは、光学分野の中から興味深いテーマとして、コンピュテーショナルカメラと、ゆらぎ・散乱におけるイメージングを採り上げ、基礎から応用まで幅広く紹介します。光学技術に関する最新情報を収集できる機会として、多くの方々に参加していただけることを願っております。

オプティクスフェア2018 開催概要

オプティクスと試作加工技術は世界に冠たる日本の得意分野で、科学技術の研究開発を支える根幹技術といえます。あるいは光分野のJAPANブランドを支える「日本の技」としても世界に知られています。
このように優れた我が国の光学素子と試作加工技術を一堂に展示し、出展者と研究者・技術者の情報交換の場として「オプティクスフェア2018」は開催されます。
この機会にコストパフォーマンスが抜群の本展示会への参加をお待ち申し上げます。

出展対象製品

  • ■オプティクス関連製品
    レンズ、ミラー、プリズム、フィルタ、回折光学素子、各種光学素子、微小光学素子、
    シリコンフォトニクス、分光器、干渉計、顕微鏡、望遠鏡、各種光学製品、オプティクス周辺機器・支援機器、
    光学材料、光学ソフト
  • ■試作加工関連製品・サービス
出展申し込みはこちら