・2019年 欧米レーザーメーカー注目の新製品と用途 <レーザー輸入振興協会>

2019年04月24日(水) 10:40-11:20 会場:展示会場内 特設会場B
【SPIE-1 コース】 SPIE基調講演「Global photonics market size and hot topics in 2019 」

Peter F. Hallett Director of Marketing and Industry Relations, SPIE
SPIE has measured the size of the core optics and photonics market, using a “bottom-up” methodology that profiles the revenue and employment at thousands of companies globally. In addition, using primary and secondary research, the team has quantified the size of application markets that use optics and photonics technology, such as consumer electronics, defense, and biomedical applications.

Combining size-of-market estimates and observations regarding fast growth opportunities, along with data from events such as SPIE Photonics West, Hallett will report the latest findings from a business perspective.

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月24日(水) 11:40-12:20 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-1 コース】 進化する産業用ピコ秒、フェムト秒レーザー

スペクトラ・フィジックス(株)

パルスコントロールによる微細加工最新技術、IRからUVまで

スペクトラ・フィジックス(株)  江橋 信俊
 
ピコ秒UVレーザIceFyre355-30を微細加工産業における最適レーザ源として提案している。信頼性、サイズ、コストの優位点に加え、スループット・加工品質を大いに向上させるバースト加工において最もフレキシブルなパルスコントロールが可能なレーザーであり、当社フェムト秒レーザSpiritを含め性能、特長、微細加工における応用例などを紹介する。

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月24日(水) 13:00-13:40 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-2 コース】 革新的・高信頼性の産業用途向けウルトラファーストレーザー

(株)日本レーザー

NKT Photonics社 オールインワン・フェムト秒/ピコ秒レーザーの最新技術

Tony Pisano, Dir of Global Sales - Ultrafast, NKT Photonics A/S

 産業用途向け光源の多彩な製品ラインナップと、マーケットにおける高い実績を誇るNKT Photonics社より、最新の革新的なウルトラファーストレーザー技術と製品群をご紹介します。

NKT Photonics社では、パルスエネルギーの強化、ビーム品質の改良、小型化、信頼性の向上など、いずれも産業アプリケーションの重要な要素について、技術・製品の開発・改良を継続的に行っています。
★日本語製品カタログあり

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月24日(水) 14:00-14:40 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-3 コース】 波動光学解析ソフトウェアVirtualLabを用いた物理光学シミュレーション

(株)プロリンクス

革新的な高速物理光学を用いたVCSEL光学系のモデリング

LightTrans International UG Dr. Stefan Steiner
本セミナーでは、VCSEL光源をVirtualLab Fusionの高速な物理光学技術でどのようにモデル化できるかを例示します。また、VCSEL光源のビームプロファイルのインポート方法と使用方法を示します。VCSELの矩形、六角形およびランダムパターンのアレイのモデリングについても論じます。
※英語による講演/日本語資料あり

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月26日(金) 10:40-11:20 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-4 コース】 独自のレーザー直接加工技術による自由表面形状マイクロオプティクスの優位性

(株)プロリンクス

屈折型ビーム整形素子におけるフリーフォーム表面の設計・製造・シミュレーション

PowerPhotonic Limited Julian Hayes
 
PowerPhotonic社は独自のレーザーマイクロマシニングプロセスを使用して自由な形状の表面を石英ガラスに直接加工します。金型やマスクなどのツールを必要としないこのプロセスは低コストかつ短期間でアプリケーションにマッチした機能を提供します。
講演ではフリーフォームのビーム整形素子をシミュレーションする光学設計について説明し、様々なレーザー光源やシステムでの使用方法を紹介します。
※同時日本語通訳あり

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月26日(金) 11:40-12:20 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-5 コース】 先端研究を支える理科学研究用超短パルスレーザー最前線とバイオイ メージング応用

スペクトラ・フィジックス(株)

最先端超短パルスレーザーから、バイオイメージングアプリケーションまで

スペクトラ・フィジックス(株)  髙橋 伴明
 
当社の最新高出力フェムト秒パルスレーザーSpiritは1MHzにおいて100Wを出力する。産業向けに設計され、その頑強さは安定性が重視される研究分野にも最適である。加えて、OPAなどとの組み合わせ波長域の広がり、応用適用範囲も広がり特に次世代のバイオイメージングなどに期待されている。
数サイクルパルス発振器Element2や、最新CEP安定モジュールなどを紹介する。

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月26日(金) 13:00-13:40 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-6 コース】 世界で最も黒い物質の開発状況と今後の展望

オーシャンフォトニクス(株)

Vantablack 驚異の低反射率~0.036%

Surrey Nanosystems社 David Wong
 
Vantablackは世界で最も黒い物質であるブラックコーティングです。内部の余分な光を吸収する物質が不可欠な、宇宙望遠鏡や高性能カメラ等の精密光学機器に採用することで、更なる特性向上が見込まれます。今回のセミナーでは現在の開発状況と活用実例をご紹介します。

・通訳はありません
・日本語資料を配布します。

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月26日(金) 14:00-14:40 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-7 コース】 極限環境に対応するナノ位置決めステージとピコ分解能変位センサ

(株)日本レーザー

超高真空、極低温、高磁場に対応し、かつコンパクトなモーション&センシングソリューションのご紹介

(株)日本レーザー 馬場 洋樹
 
attocube(アトキューブ)社のナノ位置決めステージとピコ分解能変位センサは、超高真空、極低温、強磁場環境に対応します。

また、それぞれコンパクトにパッケージされているため、それらの極限環境を使用する分析装置・半導体製造装置や、その他工作機械等への高精度位置決め/変位検出機能の導入を容易にし、それらの設備もコンパクトにデザインいただけます。

セミナー一覧/申込みページへ

2019年04月26日(金) 15:00-15:40 会場:展示会場内 特設会場B
【JS-8 コース】 実用化が進む高出力半導体レーザの最新動向

丸文(株)

ビーム整形技術による加工最適化

丸文(株) 齋藤 勇樹
 
近年、半導体レーザによるレーザ加工の適用分野が増えてきているが、さらにレーザ加工の最適化を図るためにレーザビームを整形する動きが出てきている。特に、表面改質分野においては、材料への入熱を最小に抑えることができる低歪みレーザ焼入れ、粉末材料を用いた均質な合金化、母材歪みの少ない肉盛膜厚の制御を可能とするレーザ肉盛など、ビーム整形による入熱の工夫で最適な加工を実現している。
ここでは、半導体レーザを用いた光整形技術の紹介及びレーザ加工への適用例について紹介する。

セミナー一覧/申込みページへ

元のページに戻り選択を続ける
お申込み受付は終了いたしました。


お支払方法
●クレジットカード
●当日支払

セミナー申込手順

※有料セミナー キャンセル規程:
お客様のご都合による受講解約の場合、3/25までは受講料の50%、3/26以降につきましては受講料の全額を解約金として申し受けます。

※学生料金:
個人もしくは学校からのお支払いで、30歳未満の方が対象となります。

[ 特定商取引法に基づく表記 ]



Peter F. Hallett

Peter joined SPIE in January 2005 and is currently Director of Marketing and Industry Relations. His purview includes marketing, communications, and market research for SPIE internal operations and public dissemination. He is also responsible for exhibition revenue and industry programs at SPIE. For 20+ years before SPIE, Peter was in product management and marketing leadership roles in the technical software business, including three VC-funded start-ups, and an executive at a NASDAQ-listed company. He has a degree in business administration with a major in marketing from the University of Colorado, Boulder.